天皇杯(てんのうはい)とは、日本において、各種競技大会の優勝者に贈られる天皇賜杯の名称。
賜杯が送られる競技大会の名称を指すケースも多い。

1926年、摂政宮であった昭和天皇が、東京六大学野球の優勝チームに贈られたことが始まり。
本来は天皇賜杯(天皇から賜った記念杯)という名称が正しいが、大相撲などを除き天皇杯と呼ぶのが一般的。
大相撲の場合は天皇杯のことを賜杯と呼ばれることがほとんどで、かつて菊花大銀盃と言う事もあった。
スポーツ競技のみではなく、農林技術などの競技も天皇杯の対象である。
昔は原則としてアマチュア競技のみが対象となっていたが、現在ではプロ・アマは関係無くなっている。
原則として一競技につき一つとなっている。
原則として各競技の日本一決定戦で採用され、通常その競技の日本一のチームに下賜される場合が多い。
硬式野球の場合は、東京六大学野球の優勝チームという極めて狭い対象範囲となっている。

男女別に行われる競技では、男子に天皇杯が下賜される場合、女子には皇后杯を下賜するケースもある。
必ずしも男女ともに贈られるわけではなく、女子競技が遅れて普及したケースでは男子のみの下賜となる。
天皇杯全日本サッカー選手権大会のように、すべての競技がプロ・アマ合同の大会というわけではない。