小学校高学年から中学生ぐらいまでが思春期といわれる年齢ですよね。この頃の子供たちは体にも心にも大きな変化がおきてくる時期です。悩みも複雑になりやすい時期ですので、子どもが悩むと同じくらいに親も悩んでしまいますよね。子どもは親との距離を伸ばしたいと思っても、親としては関係を密にとっておきたいと願うという複雑な時期ですね。女の子はこの思春期にダイエットをする子が多いそうです。自分の容姿を気にし始める年齢ですから、もっときれいにかわいくなりたいという思いから痩せたいという願いになってしまうのでしょうね。中学生ぐらいの女の子は、まだまだ成長過程です。まだ背が伸びますし、女性の体に成長するための準備があり、とても大切にしてあげたい時期でもありますね。無理なダイエットや市販されている栄養補助食品だけの飲食で栄養が不足しないように気をつけてあげたいですね。お母さんも経験あるかもしれませんね。今思えばなぜあんなに反抗的な態度をとったり、おしゃれに目覚めたりしたのか思い当たることがいくつかあるかもしれません。子どもたちは常に成長していて、時代の流れとともに親の世代では考えられないような子育ての悩みが出て来るでしょう。でも、どんな時代でも子ども一番に愛してあげる気持ちがあれば、どんな悩みも解決できると思いますよ。愛をもって接するだけではなく、愛を持って見守ってあげる事や、アドバイスをあげることが思春期の親の仕事の一つかもしれませんね。